樹種 広葉樹(針葉樹ではない木々)がよいです。直接口に入れるスプーンやカトラリーには、サクラ、ウメ、ビワなど果樹系がおすすめなほか、これまで削ったことのあるなかでは、ヒサカキ、ロウバイ、リョウブ、エゴノキ、ホオ、イロハカエデ、マテバシイ、タカノツメ、ミズキ、シラカバ、ナラ、クリ、カキなどもよかったです。

枝・幹部分に毒性のあるもの(キョウチクトウ、ネジキ、アセビなど)はNGです。

上記以外の樹種でも削ってみたらすてきだった!となる場合がありますし、実験精神でいきましょう。

口に触れるもの(カトラリーなど)以外の雑貨をつくることも可能なので、そのときのその木(樹種がわからなければ枝葉や幹から調べるところからスタートして)をもっと知っていくチャンスとして、特性をリサーチしながら、試しに削ってみながら、何がつくれそうかを考えていきましょう。

樹種がわからないとき:立ち木の状態・葉の付き方・葉の形(花や実がついていればそれらも)がわかるような写真を撮っておいて、リサーチしましょう。

『山渓ハンディ図鑑14 樹木の葉』はリサーチに便利です。画像を見せていただけたらこちらで調べてみることもできます。

サイズ・状態 長さは目安として両端から5cmずつくらい落としたあとの長さが完成物(バターナイフやスプーン)の長さになると思ってください。長い状態で持参できるならそのままお持ちいただいて、つくるものに合わせて切りましょう。

直径は3.5cm~10cmくらいのものを。

できるだけ節のないまっすぐめの部分がおすすめです(ただし曲がっている部分も、スプーンの場合は逆に最適だったりもします ※カーブの具合にもよります)。

乾き具合(生木かどうかの判断)については、季節や木の太さにもよりますので、伐った日にちをメモしておいてください。叩き合わせたときに乾いた音がするかどうかもひとつの目安です。

伐った時点で「木削りに使ってみたいかも」と思ったときは、小口に木工用ボンドを塗って屋外で保管したり、冷凍したりして、水分蒸発を遅らせてみてください。


いろいろ試みたり書いたりする励みになりますので、よかったらofuseで応援いただけたらうれしいです😊↓

OFUSEで支援する